「輝く今日を見つめて」2014.10.13


------------------------------------------------------------
江戸時代のリサイクル術は世界でも類を見ない程、
優れたもので、少し調べてみると、着物はボロボロに
なるまで着て、次は寝巻きにして、その次はおむつや
雑巾、そして糸やひもくずになった後は、行商人に
売り渡して、行商人はそれを農家に売り、畑の肥料と
したそうです。当時、江戸に来た外国人が江戸の町の
清潔さやリサイクル術に驚嘆した理由がよくわかりました。
------------------------------------------------------------