「輝く今日を見つめて」2014.5.8


-------------------------------------------------------------------------------
「今日の失敗は、工夫さえ続けてさえいれば、必ず明日の成功に結び付く。」

昭和5年豊田自動織機製作所内に、トヨタ自動車の起源となる自動車部が開設され、
国産大衆車の開発に取り組む。

喜一郎氏の掲げた開発方針は「外国車との競合を回避することなく、価格と性能両面
で対抗できるようにする。米国式の大量生産方式を学ぶが研究と創造の精神を生かし、

国情に合った方式を考案する。基礎工業の弱い面は内制化を図ることによって克服する。
この方針が、今日の我が国の基幹産業としての自動車産業の発展の礎になったのではな
いだろうか。                 豊田喜一郎(トヨタ自動車創業者)
-------------------------------------------------------------------------------