「輝く今日を見つめて」2014.5.19


-----------------------------------------------------------------

「認知症予防」毎日緑茶で発症率3分の1に 金沢大研究

金沢大の山田正仁(まさひと)教授(神経内科学)らの研究グループが、
毎日緑茶を飲む習慣のある人は軽度も含めた認知症の発症率が、全く飲
まない人の3分の1にとどまることを突き止めた。

コーヒーや紅茶を飲む習慣と発症抑制との関連は見られず、緑茶にだけ
認知症の予防効果がみられたという。

成果は15日の米科学誌プロスワン電子版に掲載された。
-----------------------------------------------------------------