「輝く今日を見つめて」2014.4.15


--------------------------------------------------------------------------------
「マリリン」
「おつむの弱いブロンド美女」ばかり演じさせられたが、実際のマリリンは頭が良く、
向上心の強い女性だった。頑迷な体制や常識に反抗し、自由に生きた。その「人間味」
は20世紀の文学者を魅了した。                  日本経済新聞

--------------------------------------------------------------------------------