「輝く今日を見つめて」2014.2.21

情報↓

マクドナルド、原田氏一線退く、HD社長もカサノバ氏、在任10年で体制刷新  日経新聞 2月19日
・日本マクドナルドホールディングス(HD)は18日、社長兼最高経営責任者(CEO)に
 中核事業会社、日本マクドナルドのサラ・カサノバ社長兼CEO(48)が就く人事を固
 めた。3月下旬開催予定の株主総会を経て就任する。原田泳幸会長兼社長兼CEO
 (65)は会長にとどまる見通しだが、在任10年で実質的に経営の第一線から退く。
・カサノバ氏はマレーシア・シンガポール担当の責任者から昨年8月、現職に転身。そ
 の時点で原田氏は「引き続き経営全般の責任を持つ」としていた。ほぼ半年が経過
 し後継者としてのメドがたったと判断、持ち株会社の社長も譲る。
・アップルコンピュータ(現アップル)日本法人社長だった原田氏は2004年、経営不振
 に陥っていた日本マクドナルドの持ち株会社と事業会社の社長兼CEOに就任。低価
 格メニューなどで集客力を高め、04年12月期から8期連続で既存店売上高を伸ばし、
 マクドナルドを「デフレの勝ち組」企業に押し上げた。ただ足元は弁当・総菜やいれた
 てコーヒーを強化するコンビニエンスストアなどに押され2期連続の減収減益となった。
○サラ・カサノバ氏
・90年カナダ・マックマスター大院修了。91年マクドナルド・カナダ入社。13年8月日本
 マクドナルド社長兼CEO。カナダ出身。