「輝く今日を見つめて」2014.01.15


情報↓
----------------------------------------------------------------------------------------------------
「5兆円超のGDP創出」
これからの日本は少子化高齢化による働き手の減少が経済成長を妨げる。労働生産性や働く女性の比率が今のままなら、
2020年の実質国内総生産(GDP)は12年に比べて5・9%、金額にして30兆円ほど減る。
しかし政府が成長戦略で掲げる25~44歳の女性就業率を73%に上げる目標を達成すれば、GDPを5兆円押し上げられる。
男性並みの就業率になれば70兆円増やす効果が有る。

2014年1月15日 日経新聞
----------------------------------------------------------------------------------------------------