「輝く今日を見つめて」2013.9.29

----------------------------------------------------------------------------------------------------

巨人、山口投手と原監督のちょっといい話・・・・

<中日2?3巨人>◇19日◇ナゴヤドーム
王手! 巨人は中日との今季最終戦を1点差で制し、優勝へのマジックナンバーを1とした。
明日21日、リーグ連覇をかけて本拠地東京ドームでの広島戦に臨む。
7回に登板した山口鉄也投手(29)は、6年連続60試合登板を達成し、自身が持つプロ野球記録を更新した。
生涯巨人を誓った鉄人を終盤の番人に据え、一気に決める。
けじめのマウンドも山口らしい場だった。平田の2ランで1点差とされた7回1死、今季60回目の出番が来た。
YGマークの帽子を目深にかぶり表情は見えない。真っすぐに打者と対した。
「競っている試合でも、いない試合でも、大事な登板に変わりはない」。王手をかける。自分の記録を塗り替える。
潮目の登板でも淡々としていた。無失点で花を添えた。
「今年は、60試合登板が明確な目標だった」とハッキリ言った。「チームが勝てばいい」のコメントを何年も繰り返してきた。
日本球界で最もタフな投手になると心境に変化が生まれた。「防御率もホールドも、まったく気にならなくなりましたね。
試合数が多いということは、健康な証拠。健康でいられることに、僕は感謝しなくてはいけない」との境地に至った。
「今年は連投が少ない。原監督が大切に使ってくれている」と愛情を知った。
前夜、日本人投手のセーブ記録を更新した中日岩瀬の投球を見た。「やっぱりすごい。絶対にまねできないです」と尊敬の念を抱いた。
同時に、同じ道程をたどっている自分に気付いた。帽子のYGマークを触り覚悟を吐き出した。
山口 巨人に拾ってもらっていなければ野球を続けられなかった。僕は巨人で野球を終える。岩瀬さんにはなれませんが、こうやって続けていく。
原監督は、山口の歩みをすべて見届けている。育成選手で迎え入れ、力量を見いだし、天職を与え、大切に使った。
「何というか」と言って固まった。勝利会見では極めて珍しく、しばし押し黙った。
彼の姿勢は、何も変わっていない。慎重、という言葉...は違うな。いつも、目線が上からじゃない。勝負の怖さを知りつつ、真っすぐ、
勇気を持って戦う。だから節制し努力する。どんな選手になっても変わらない」と丁寧に紡いだ。

----------------------------------------------------------------------------------------------------