「輝く今日を見つめて」2013.9.28

---------------------------------------------------------------------------

中学生の頃、どうしようもない反抗期で親の言うこを全く
聞かず反抗のみで母を困らせてばかりだった。

今では、思い出せないくらいの些細なことに口答えして、
母にくってばかりだった。

卒業後、東京に出て一人暮らしをして一年後帰郷すると、
卓袱台に僕の食器にご飯とおかずが添えられていた。

母曰く、毎日こうして陰膳(かげぜん)をして無事を祈って
いとよ。

当然、反抗期は終わりました。

父は、僕が小学3年の時病に倒れ寝たきりでした。

母ちゃんすまんかったね。馬鹿息子だったね。

---------------------------------------------------------------------------