「輝く今日を見つめて」2013.7.10


ブラジルでサッカー試合中に殺人、選手刺殺した審判が首切断される
【AFP=時事】ブラジルで行われたアマチュアサッカーの試合中、退場処分に反発した選手を刺殺した審判が、襲撃されて首などを切断され、殺害された。地元メディアが伝えた。
 この事件はブラジル北東部のマラニョン州で6月30日に起きたが、詳細は先週になって明らかにされた。
 地元警察によると、試合中に31歳の選手が退場処分に応じなかったため、20歳の審判と取っ組み合いとなった。その最中に審判が選手を刺し、選手は病院へ搬送中に死亡した。
 これを受け、3人の人物が報復のために審判に石を投げつけて殺害し、その後死体を切断したという。
 警察の発表によると、27歳の男が審判への暴行に関与したことを認めたが、致命傷を与えたことについては否認している。残る容疑者2人はいまだ指名手配中となっている。