「輝く今日を見つめて」2013.5.29

2・
何とかしてくれ――という要望は、貧困に喘ぐ日本国民はもちろんだが、むしろ企業や資本家、財閥などから発せられた。

悲鳴にも似たその声に動かされ、「断固戦うべし」という軍部(特に陸軍)の強硬意見 に突き上げられて、政府はついに開戦に踏み切った。