「運転中のできごと」

横断歩道を渡るとき、大部分の人が当然だと言う態度で渡っている。中には急に飛び出してきて小走りで車の直前を横断して行く人もいる。

急いでいるんだなとか、今日は気分が悪いんだとか勝手解釈して納得はしているが、危険極まりないと思う。

万が一、事故につながれば運転手側に責任を取らされるので尚更だ。

先般の出来事、横断歩道に差し掛かると小学低学年の男の子が立っていた。
先に渡るように手振りをすると、その子はお先にどうぞと譲り合いになってしまった。

何時までも譲り合っても、しかたないので先に行かせて貰ったが、どんな家庭に育った子なのか親御さん達に会ってみたいと思わずにはいられなかった。

歩行者に立場に立った時は、運転手さんに会釈して渡るようにしている。