「寒さは厳しいけれど、冬には冬の良さがある。」

この冬を越せば必ず冬が来る。
春を目指して冬を耐えよう。

そう考えるのは大人で、
子供は純粋に冬を楽しんでいるものです。

小学低学年の男の子が二人、サッカーボールより
一回り小さい白いボールを持って歩いていました。
何かなと目を凝らすとそれは雪の塊でした。

冬にしかできない遊び

冬には冬の楽しさがあるのです。